登場した歴史

ストーンペーパーは、水についても使う必要がなく製造することができます。そのことで水質汚染のリスクを考えなくてすむことも大きなメリットといえます。ストーンペーパーの歴史はまだ新しく、台湾の製紙メーカーが開発したと言われています。古紙のリサイクルについては進んでいますが、抜本的な自然保護という面ではまだ不十分な面がありそこでストーンペーパーが注目されることになりました。 ストーンペーパーの更なる特徴としては耐久性に優れている点があり、また耐水性も従来の紙と比べてはるかに強いことがあり注目されています。

ストーンペーパーは現在既に世界48ヵ国において特許を取得しています。今はまだ木材による製紙加工が主流となっていますが、今後ストーンペーパーが世界中で導入されることで排出される二酸化炭素の削減に大きく貢献する可能性が極めて高く、注目の的となっています。どのくらい二酸化炭素が抑えられるかというと、一般的な紙を製造した場合の半分以下の排出量で済んでしまいます。再生紙においては一般紙の排出量よりも高いですので、ストーンペーパーが明らかに従来の紙と比べて優れていることの一つの証明となっています。また、エネルギー使用量も二酸化炭素の排出量と同様に大幅に削減されています。 現在、ストーンペーパーはペーパーバッグや地図などに多く使われており、今後様々な商品にさらに使用されることが見込まれています。